口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイン学校を欠席してしまった場合はどうなる?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/10
    

グラフィックデザイン学校と専門学校に通うことで、グラフテックの知識を学ぶことが可能になります。健康な状態で通学できればよいですが、体調に問題があった場合などはやむを得ず欠席することもあるでしょう。

この場合には、学校側はどのように対応してくれるでしょうか。

通常の授業を欠席した場合の対応の仕方

グラフィックデザイン学校は、グラフィックに関する専門的な知識を学ぶ点で魅力的な学校と言えます。座学も多いですが、それ以外の実習なども含まれており学校に通っている間は飽きずに通い続けることができるでしょう。

ただ、たくさんの知識を吸収し勉強したいと思っても、途中で欠席してしまうようなこともあるかもしれません。通常の授業を欠席する場合には後日同じ授業をしてくれることはまずありません。そのため、休んだ日に勉強した内容に関しては自分で勉強していくか友達に聞いて対処する方法が考えられるでしょう。

また、学校の先生にわからないところを個人的に聴きに行けば、わからないところを明確に答えてくれることがほとんどになります。ノートなどは、友達に見せてもらい試験の対策を考えるのがよいでしょう。このとき、どのような友達に見せてもらうかです。

友達によっては、いい加減にノートを取っている人もいますので信頼できる友達に見せてもらうのが一番です。つまり、学校に通っている間はさまざまな友達を作っておく必要があります。必ずまじめな友達が一人ぐらい作っておきましょう。

試験に欠席してしまった場合はどうか

日本中のグラフィックデザイン学校では、定期的に試験をおこなっています。試験内容も何種類かありその中でも進級や卒業がかかる重要なものもありますので、可能な限り休まずに通うことが必要になります。とはいえ100パーセント体調管理ができる人ばかりではなく、途中で体調が悪くなってしまうようなことも考えられます。

通常の授業ならば何とかなりますが重要な試験の当日に発熱をしてしまったり、インフルエンザなどにかかってしまった場合には目も当てることができません。

とはいえ、無理して試験に出てもほかの人に迷惑を被でしまう可能性があります。特に感染しやすいインフルエンザなどはほかの人を巻き込む恐れがあるため注意しましょう。

では、実際に欠席してしまった場合果たして進級や卒業をすることができないのでしょうか。これに関しては、学校の方でも何らかの対策をとってくれることがほとんどです。比較的重要な試験が終了すると、学校の方も長期休みに入ることが多いです。

あるいは、1週間ぐらい休みになることもあります。いずれにしても、その期間を使って試験に出席できなかった生徒を集めて試験をおこなうことがあります。このときは、1回目におこなわれた試験内容とは違うものが予想できます。

いくら友達にどのような内容の問題が出たかを聞いても、全く別の問題が用意されている可能性が高いためあまり参考にはならないでしょう。いずれにしても、救済手段がとられていることが多いためそれほど心配する必要ありません。ただ、可能な限り最初の試験に出席できるように体調管理だけはしっかりしておきましょう。

卒業式を欠席してしまった場合はどうなるか

卒業式を欠席してしまった場合には、試験の場合と異なりもう一度個別に卒業式をおこなってくれるようなことはまずありません。

この場合には、体調が良くなってからグラフィックデザイン学校の方に行き卒業証書をもらってくることが必要になります。先生からは「おめでとう」といわれるかもしれませんが、いずれにしてもほかの生徒と同じく卒業証書授与を受けることはできません。

 

グラフィックデザイン学校の授業で欠席をした場合は、後日友達などにノートを借りて移させてもらうのがよいでしょう。このとき、ノートをしっかり取っている信頼できる友達を選ぶべきです。

一方で、試験を欠席した場合には予備の試験をおこなってくれることがあります。この場合、すでに終わった試験と問題が違う可能性が高いためどのような問題が出題されたかを友達に聞いても役立たないことが多いです。いずれにしても、救済手段があると考えておきましょう。

おすすめ関連記事