口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

アルバイトからグラフィックデザイナーになることもできる?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/10/07
    

現在アルバイトとして働いている方で「グラフィックデザイナーになりたいがどうしていいのかわからない」という方もいるでしょう。こちらでは、アルバイトからグラフィックデザイナーを目指すための方法を紹介するので、正社員を目指すのなら参考にして頑張ってみてください。

実力を身につけてグラフィックデザイナーになろう

グラフィックデザインを仕事とする会社や事務所はいろいろとありますが、何も知識がない方を雇ってはくれません。そのため、アルバイトから目指すとなれば、まずは何かしらの方法で知識を身につける必要があるのです。一番簡単な方法は、書店でグラフィックデザインの書籍を購入して独学で勉強をすることです。

デザインするための知識を基本から教えてくれる書籍がいろいろと販売されているので、まったく知識のない状態から目指すことができます。

ただし、独学で勉強をした場合は、自身が知識を身につけたことを証明しなければ、会社や事務所で雇ってもらうのは難しいでしょう。そのため、独学をするのなら、グラフィックデザイナーに関する資格の取得もセットで考えたほうがよいです。いくつかの資格があるのでどれかを取得し、知識があることを証明して、会社や事務所にグラフィックデザイナーとして雇ってもらいましょう。

グラフィックデザイン学校の力を借りよう

アルバイトの方がグラフィックデザイナーを目指すための道として、もう一つおすすめできる方法があります。それは教育機関に通って、プロの方からグラフィックデザインについて教えてもらうことです。

わからないことがあればすぐに質問できるので、独学で頑張るよりもずっと早く、就職するために必要な知識を身につけられるでしょう。日本にはグラフィックデザイン学校というものがあるので、そちらに通えばいろいろと教えてもらうことができます。

なお、教育機関に通って就職することを目指す場合は、資格を取得しなくてもよいケースが多いです。なぜならば、グラフィックデザイン学校を卒業したということは、知識を持っていることの証となるからです。しかも、就職サポートが行われているので、独学よりもずっと高確率でグラフィックデザイナーになれる可能性があります。

個人事業主を目指すこともできる

アルバイトをしている方の中には、ある程度自由になる時間が必要でやっている場合もあるでしょう。それならば、正社員として働くのではなく、個人事業主としてグラフィックデザイナーをやることをおすすめします。個人事業主は誰でも登録ができるので、やろうと思えば今すぐにでもグラフィックデザイナーになることが可能です。

もちろん、知識がない状態で仕事を受けると信頼を失うことになるので、独学をしたりグラフィックデザイン学校に通ったりするのは必須だといえるでしょう。

近年はクラウドソーシングやスキル売買サイトを利用して仕事を獲得することも可能となっているため、知識を得たらそのままにせず仕事を請け負ってみましょう。自身の自由になる反面、責任は全部負わなければいけないので、個人事業主をするのならメリットとデメリットのどちらが自分にとって大切なのか考える必要があります。

 

アルバイトからグラフィックデザイナーになることは可能なので、興味があるのなら目指してみましょう。ただし、知識がゼロの状態ではどこでも雇ってもらえないため、きちんと勉強することは必須だといえます。独学で勉強する方法もありますし、グラフィックデザイン学校に通ってプロに指導してもらう方法もあるので好きな方法を選びましょう。覚えなければいけないことはたくさんあるため、勉強を始めるなり学校を探すなり、できる限り早く行動を起こすことをおすすめします。


おすすめ関連記事