口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイン学校で手に入れられる資格の種類とは?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/03/29
    

グラフィックデザインに関してしっかりと学びたい、資格を取得したいという時におすすめなのがグラフィックデザイン学校です。

知識と技術を身につけるためのカリキュラムが作られているので、効率的に色々と学ぶことができるようになっています。

 

グラフィックデザインを学びながら資格を取得

独学でも色々と学ぶことはできますが、やはり効率的に、そして今使える知識・技術を身に付けたいなら専門的に学べる学校に通うのが最も良いと言って良いでしょう。

グラフィックデザインに関して学びたいなら、グラフィクデザイン学校に通うことがおすすめだといえます。

また、その分野で働きたいと考えているなら、できるだけ学校に通っている間に資格を取得しておくことが必要です。

なぜなら、資格はその人にその分野に関する知識・技術があることを証明するもので、取得するメリットは十分あるからです。

では、実際にグラフィックデザイン学校では一体どういう資格を取得することができるようになっているのでしょうか。

学校選びをする際はその点に関してもしっかりと調べ、自分にとってメリットがある学校かどうか判断してから入学申し込みをしましょう。

 

色彩検定などの色に関する資格取得も可能

実際にグラフィックデザイン学校に通うことによって取得できる資格の一つが色彩検定と呼ばれるものです。

これは、色に関する知識や技術があるかどうかを問う検定試験のことで、ファッションやインテリアなどの分野で活用することもできます。

文部科学省が後援している公的資格で、1、2、3級、UC級に分かれているので、自分に合っているものを受けることができます。

現在ではIT関係の仕事やコンピューターを使う仕事などが増えていますが、その分野でも色々とこの資格は活用することができます。

もちろん年齢に関係なく受験することができるようになっているので、まずは3級くらいを取得しておき、徐々に上級の物を取得しておくというのも良いでしょう。

 

ビジネス能力検定(B級)ジョブパスも取得可能

ビジネス能力検定(B級)ジョブパスの資格は、その人自身がビジネスに関する能力を備えているかを明らかにするものです。

実際に取得しておくことで、社会人として必要となるマナー、知識を持っているということが証明されるので、取得しておくメリットは十分あります。

実際にこの資格自体は文部科学省後援の物となっており、1級から3級まで分かれているので、自分に合っているものを受験しましょう。

3級は社会人としてビジネスの基礎があることを証明するものとなっているので、まずは3級から取得すると良いでしょう。

また、3級くらいであれば自分で独学でも学ぶことは可能ですが、学校で学ぶことにより効率的に知識などを身につけることができます。

また、グラフックデザイン学校であれば、取得のためのサポートを行ってもらえるので、独学の時よりも合格しやすいという面も魅力的だと言っても過言ではないでしょう。

 

グラフィックデザインに関してしっかりと学びたい場合は、グラフィックデザイン学校に通うのがおすすめだと言えます。

なぜなら、そこでしっかりと学ぶことによって、必要な知識・技術を効率的に身につけることができるようになるからです。

また通うことによって、今後グラフィックデザインの分野で活躍する時に使える資格も取得することができます。

例えば色彩検定やビジネス能力検定(B級)ジョブパスなどで、これらの資格はその人に知識・技術があることを証明します。

もちろん社会人になってからでも取得することは可能ですが、できれば学校にいる間に取得しておく方が良いでしょう。

特にグラフィックデザイン学校ではこうした検定試験に合格できるようにカリキュラムが組まれており、サポート体制も整っています。

ただ、グラフィックデザイン学校によってサポート体制が違っているので、どれくらいの合格率となっているのかなどを調べてから学校に申し込むことをおすすめします。

おすすめ関連記事