グラフィックデザインスクールおすすめ5選!社会人講座や相場を解説

グラフィックデザイナーの成功を後押し!色彩検定取得のメリットと詳細について

公開日:2024/05/01  最終更新日:2024/01/29
    

色彩検定

グラフィックデザインの道において、資格取得は大きなカギとなります。なかでも色彩検定取得をすることで、業務やキャリアのさらなるステップアップを目指せます。この記事では、資格のなかでも優位とされる色彩検定の取得に焦点を当て、そのメリットや資格試験の内容について詳しく解説します。色彩検定の情報を知り、グラフィックデザイナーとして成功への一歩を踏み出しましょう。

キャリア向上に不可欠な資格取得のメリット

グラフィックデザインの世界では、資格取得が重要な要素となっています。資格を取得することにより、多くのメリットが得られ、キャリア向上に大きく前進します。

専門的な知識と技術の客観的な証明

グラフィックデザインの分野において、専門的な知識と技術をもっていることは非常に重要です。資格を取得すると、スキルと知識が客観的に証明されます。これはクライアントや雇用主に対して、プロのデザイナーであることをアピールできます。

仕事の幅が広がる

資格をもっているデザイナーは、より多くの仕事の機会に恵まれます。クライアントや雇用主は、資格をもつデザイナーがプロジェクトを成功に導く可能性が高いと認識しています。そのため、資格をもつことで新しい案件やプロジェクトを受注しやすくなります。

報酬の交渉がしやすくなる

資格をもっているデザイナーは、通常、報酬の交渉がしやすいです。資格はスキルと経験をバックアップしており、クライアントや雇用主はその価値を認識します。結果として、プロジェクトの報酬についてより有利な条件を交渉できます。

色彩検定を取得するメリット

色彩検定を取得すると、グラフィックデザイナーおよび関連分野のプロフェッショナルにとって大きな利点があります。色彩検定を取得するメリットについて詳しく説明します。

色彩に関する専門知識の獲得

色彩検定は、色の基本から配色技法、心理学的な色彩の効果まで、幅広い色彩に関する知識を提供します。これにより、グラフィックデザイナーは色彩に関する専門知識を深め、デザインプロジェクトにおいて的確な色の選択と組み合わせができます。

クライアントとの信頼関係の構築

資格をもつことは、クライアントとの信頼関係を築くのに役立ちます。クライアントは色彩がブランドイメージや商品成功に与える影響を理解しており、色彩の専門家にアドバイスを求めることがあります。色彩検定をもつデザイナーは、信頼を築き、長期的な協力関係を構築しやすくなります。

競争優位性の確立

デザイン分野は競争が激しいため、差別化が不可欠です。色彩検定を取得することで、ほかのデザイナーから差別化され、市場において競争優位性を確立できます。これは求職時やフリーランスとしての活動において重要です。

色彩検定の詳細

色彩検定は、色彩検定協会が主催する資格試験であり、色彩の知識と技能を認定するためのものです。この検定は、以下の4つの異なる級で構成されています。

3級

3級では、色彩の基本的な理論と法則に関する知識が問われます。このレベルでは、色相環や基本的な配色について学びます。試験はマークシート方式でおこなわれます。

2級

2級では、3級で学んだ基礎知識を実践的な場面に応用するスキルをテストします。具体的なビジネスやデザインシーンでの色彩の適用方法についての知識が必要です。

1級

1級は色彩の理解をさらに深め、高度な配色技法や心理学的な色彩の効果について学びます。1級はほかの級よりも難易度が高く、2次試験が記述式でおこなわれます。

UC級(ユニバーサルカラー)

UC級では、色のユニバーサルデザイン、とくに高齢者の視覚に関する知識が問われます。また、色のユニバーサルデザインの進め方についても試験されます。色彩検定の受験費用は受験する級によって異なります。

初級の受験費用は4,400円、中級は5,500円、上級は6,600円です。UC級の受験費用は6,000円です。色彩検定は年に2回、6月と11月に実施されます。

1級の試験は冬季のみにおこなわれ、1次試験は11月、2次試験は12月の日程です。試験への申し込みは、色彩検定協会のWebサイト、郵送、特約書店の3つの方法でおこなえます。受験者は自分の都合に合わせて試験の準備と申し込みを計画できます。

まとめ

グラフィックデザイナーにとって、色彩検定の取得はキャリア向上に欠かせない要素です。色彩検定の取得により、色彩に関する専門知識が身につき、クライアントとの信頼関係を築けます。そして、さまざまな分野でのキャリアにおいて競争力を高められます。この試験には4つの異なる級(3級、2級、1級、UC級)があり、試験日程にも選択肢があります。資格取得に向けて計画的な準備をし、自身の専門性を高める道を選びましょう。


おすすめ関連記事