口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイン学校の試験内容は?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/04/27
    

グラフィックデザインは今の時代ではかなり身近な存在となっており、グラフィックデザイナーも人気の職業の一つとなっています。数多くのグラフィックデザイン学校があり、どこを選ぶかにより異なる点は多いのでよく比較して選ばなくてはなりません。いざ学校を決めたとなれば気になるのは、試験内容ではないでしょうか。

一般的なグラフィックデザイン学校の入試の内容

一口にグラフィックデザインの学校といっても現在ではかなり数を増やしており、学校により異なる点は学費やカリキュラム、雰囲気だけではありません。学校に入れるかという違いもありますが、多くのグラフィックデザイン学校では一般的な大学のように入試があります。

当然合格する必要がありますが入試内容は学校によって違いがあり、筆記試験のみという学校もあれば書類選考や面接がある場合もあります。合格できれば授業料などを支払い入学手続きとなるのが一連の流れであり、グラフィックデザインを学ぶためにはまず合格することが必須となってきます。

入学試験のない学校も存在している

グラフィックデザインの学校の一部では、入学希望者に対して試験を実施していない学校もあります。そういった学校を選んでおけば試験を受けなくても入学できるので、選択肢の一つとして頭においておくべきです。学校案内のパンフレットに明記されているので、入試のある学校か知りたい場合にはまずパンフレットを取り寄せたり、学校のホームページをチェックしてみるようにしましょう。

入試の有無や入りやすさだけで判断するべきではない

グラフィックデザインの学校を選ぶときには、入試があるかやその内容、学費など気になるポイントはたくさんあるのではないでしょうか。ですが学校を選ぶときには本当に将来の役に立つかを確かめてから判断する必要があり、グラフィックデザイナーとして専門のスキルを身につけることができるのかは必ず確認しておきましょう。

もちろん卒業後の進路に関しても重要であり、卒業生の就職率に注目する必要があります。第一線で活躍している現役の講師がいるのかや、通っている生徒の雰囲気なども学校により異なります。一人ひとり将来どうなりたいかには違いがあり、親身になり相談に乗ってくれる講師がいるかなども確かめておくようにしましょう。

近年では進路指導や相談のサポート体制が整っている学校が大半となっていますが、学校による違いはかなり大きいことは確かです。入試試験が簡単だったりないなど入りやすい学校でも卒業が難しかったり、卒業後に就職先が見つからないとなれば学校で学んだ時間が無駄になってしまいかねません。そうならないためにも、入りやすさではなく本当に役立ち自分のためになる学校を選んでおくことが大切です。

 

グラフィックデザイン学校に入るためには入試が必須となっている学校が多いですが、中には入試はなく簡単に入学できる先もあります。書類選考や筆記試験、面接などあらゆるものがありますが、試験がある学校でも基本的にはそう難しい内容ではありません。

グラフィックデザイナーとして活躍するための一番の近道となるのが、学校に通い学ぶという方法ということは間違いないのではないでしょうか。もちろん学校に行ったからといって誰もが望んでいる将来を実現させることが可能となるわけではありませんが、可能性を広げられることは確かです。夢を叶える第一歩としてグラフィックデザイン学科の試験対策をしておき、入学することが大切です。


おすすめ関連記事