口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

クライアントの要望を作るに即したグラフィックデザインには?

    

クライアントの要望を作るに即したグラフィックデザインには?

グラフィックデザイナーという言葉を聞いたことがありますか?

グラフィックデザイナーとは、広告や新聞に商品などにデザインを提供するお仕事です。
クライアントの提案する内容に沿ったデザインを提供することがお仕事になり、思った通りのクオリティでデザイン画描けない、クライアントの要望にはずれたデザインでは次の依頼が来なくなることもあります。
では、クライアントの要望に即したデザインを作るにはどうすればいいのか。

 

これさえ押さえれば要望に即したデザイン画描ける

○デザイナーの作りたいものは何か確認をしましょう。

クライアントが作ってほしいと要望するデザインと、デザイナーの作りたい思いが一致することも大切です。
思いが一致することでやる気も高まりやすく維持もしやすくなります。
だからこそ、デザイナーはこの仕事がしたいという思いと、クライアントの希望する方向が一致すると、クオリティの高い作品が出来ます。

○信頼関係

マネージャーの中には、デザイナーに任せるべき仕事を抱えている人もいます。
デザイナーが忙しそうだから、ディレクターが完ぺき主義ですべて確認しないと気が済まないという人がいます。
こういったマネーシャーと仕事をしても、信頼をしてもらえていないと不信感を抱いても不思議ではありません。
仕事をするうえで信頼関係は大切です。

○デザイナーの情報もきっちり把握

マネージャーに求めるのはデザインという作業内容ではなく、デザイナーがクライアントに満足してもらえるような作品を作れる環境を作ることです。
デザイナーがたくさん集まる広告会社は、それぞれ考え方も全く異なります。
広告代理店には連日クライアントから様々な提案をされます。
1人のデザイナーにすべて任せるのではなく、クライアントが希望するデザインにあったデザイナーをマネージャーが促すことで、クライアントも満足できる内容のものが出来上がります。
マネージャーやディレクターはデザイナーがどんなジャンルのデザインが得意なのか、デザイナーの情報もきっちり把握をすることで品質を保ったデザインをクライアントに提供することが出来ます。
考え方は十人十色です。
考え方が違ったデザイナーも大切にしましょう。
デザインを請け負っているとよくあるのが、急な変更です。
やる気をもって作業をしていたデザイナーも急に変更となるとやる気がそがれてしまいます。
時代の変化が速くなった現代では、クライアントの求めるものがなぜ変更されたのかをデザイナーに伝えこれまでの苦労をねぎらうことも大切です。
そうすることでディレクターとの信頼関係を築くことが出来、デザイナーとしても自信をもって作業をすることが出来るからです。

 

経験を積むこともデザイナーとしては大切

はじめは誰もが経験を積んでいないので、例え絵が上手な人でもクライアントの要望に沿ったデザインを提供しなければ意味がありません。
◆そのため、まずはマネージャーやディレクターはデザイナーが得意としているジャンルのデザインを把握することで、クライアントが望んできたデザインにピッタリなデザイナーに任せることが出来ます。
自分が得意とするデザインなら、デザイナーもやる気も出て作業意欲も持続します。
作業意欲も持続すれば、出来上がりのデザインも完成度が高くクライアントの望むデザインを提供できます。

◆クライアントの作りたいものをきちんと把握しそれを提供する、デザイナーを信頼して仕事を任せること、急に依頼内容の変更があってもデザイナーをフォローできる環境にあることが大切です。
クライアントの内容に沿ったデザインを描くことは難しいですが、経験を積むことでより高品質なデザインを提供できるようになります。