口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

絵が下手でも大丈夫?グラフィックデザインの魅力

    

絵が下手でも大丈夫?グラフィックデザインの魅力
グラフィックデザイナーという言葉を聞いたことがありますか?グラフィックデザイナーとは、雑誌や新聞に公告にポスター商品パッケージやインテリアのデザインを行う人のことを言います。
自分が手掛けたデザインを世に送り出すことが出来るのでやりがいを感じることが出来ます。
そんなグラフィックデザイナーの魅力は何でしょうか?

 

実は絵が下手な人もいるって本当?

グラフィックデザイナーというと、絵が旨い人しかなれないのでは?

と思ってしまうかもしれません。
ですが、世の中には絵が下手でもグラフィックデザイナーとして活躍をしているデザイナーさんもたくさんいます。
絵が下手でもクライアントのコンセプトに合った絵が描ければ問題がないからです。
絵が旨いと当然仕事の幅も広がり、仕事のスピードも上がりますが、仕事数をこなしていくうちにどんどん上達していきます。

○グラフィックデザイナーの魅力

◆企業や団体などが売りたい商品やサービス、伝えたい情報などわかりやすく伝えることが出来ます。
◆そのテーマやコンセプトをかっこよく描いたり時には面白く描いたりします。
◆コピーライターとともに企画案を作り、プレゼンテーションが通ると制作を開始します。

◆また、自分の書いたデザインは時に人の心を動かすことが出来ます。
例えば町中に面白いデザインの商品があると思わずその商品を手にしてみたくなります。
これが人の心を動かすデザインです。
インパクトのあるデザインも、思わずそれを見ずにはいられなくなるので、グラフィックデザインは人の心を動かすようなイラストを描くのは前提です。

広告を制作するクリエイターにとって、人を動かすデザインを描けることは成功を収めたといっても過言ではないでしょう。
さらにその先があり、ポスターを見た人が宣伝されている商品のファンになってくれ、継続的に購入して口コミでも広まること、最終的にはその商品の売り上げを伸ばすことがクライアントのゴールになります。

○グラフィックデザイナーになるには

広告代理店や広告制作会社へ就職する必要があります。
働くときに資格や学歴には必要ありませんがデザインに関しての知識やグラフィック制作ソフトの使い方を事前に学んでおくと広告代理店や広告制作会社への就職には有利になります。
実際働いている人の多くが芸術系の短大や大学、デザイン関係の専門学校を卒業している人が多いです。
◆資格に関しては、アドビ認定エキスパートやPhoアドビtoshopクリエイター能力認定試験、DTP検定や色彩検定など、さまざまな試験が必要になります。

 

グラフィックデザイナーはやりがいのある仕事

○グラフィックデザイナーの最大の魅力

自分が手掛けた作品が世の中へ出回ることです。
デザインが影響し、商品の売り上げが上がればこれほどの幸せはないでしょう。
実際に活躍するグラフィックデザイナーは少ないのですが、それでも経験を積むことで誰でもグラフィックデザイナーとして活躍することはできます。

○基本的に資格はなくてもなれます

それでも色彩検定やPhotoshopクリエイター能力認定試験、DTPエキスパート認定試験やDTP試験などグラフィックデザインに必要な資格や免許は持っていても損はありません。
いかにデザインが優れた人であっても、広告やプロモーションツールの政策を行うには、様々なノウハウを習得しなければ広告業界で活躍をすることが難しいです。
逆に絵が下手でも様々なノウハウを習得し、クライアントの望むテーマで絵をかければ問題はありません。

Photoshopなどのグラフィックデザインをしっかり使いこなすことがポイントとなります。
グラフィックデザインは難しく、活躍するまでに長い経験が必要です。
しかし、魅力あふれるこの仕事になりたいという人はたくさんいます。