口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイナーの仕事ってどんなもの?

    

グラフィックデザイナーの仕事

 

グラフィックデザイナーもかなり定着した言葉となってきました。
漠然と「グラフィックデザイナーになりたい」と思っている人も多いかもしれません。
しかし、その仕事内容については良く知らないのではないでしょうか。
グラフィックデザイナーの現在までの仕事内容の変動や業務内容の詳細をみていきましょう。

 

グラフィックデザインの仕事ってどんなことをするの?

まず、グラフィックデザイナーになるには、グラフィックデザインについて知らなければなりません。
グラフィックデザインは、画像や文字そして色彩などを使用してメッセージや情報を伝える手段の一つです。
その手段というのが、ポスターやチラシ、リーフレット、パンフレット、カタログ、ステッカー、新聞や雑誌広告、商品のパッケージやそれを包む包装紙のデザイン、ロゴマークなどかなり多岐に渡る印刷物なのです。
これらを製作するにあたり、グラフィックデザイナーは、印刷媒体の構図を考え写真や画像、文字の配置や色彩を整理することで分かりやすく伝えることが仕事になります。
最近では、グラフィックデザイナーの仕事として、多くなっているのはチラシ作成です。
いわゆるスーパーやデパートの売り出し広告、自動車の新車発表やセール、住宅や土地の販売広告など日常生活でもよく見かけるようなものです。
また、フライヤーと呼ばれる小さなチラシもあります。
よくライブや演劇、展覧会などで見かけるものです。
このチラシやフライヤーは、言わばポスターとカタログの間の存在になります。

グラフィックデザイナー以外のデザイナー

デザイナーという仕事は、「ここまでが仕事」と線引きができません。
デザインは色々な分野と関わりがある職種なのです。
ですから少し分かりづらくなっていますが、将来的な方向性を決める上ではしっかりと職種を把握しておく必要があります。

○Webデザイナー
Webサイトの構成やデザインを行う人を指します。
最近では画像の処理やコーディングを求められることも多く、デザイン性だけでなくサイトの使い勝手なども求められます。

○インダストリアルデザイナー
工業製品のデザインを行います。
自動車の内外装や家電製品デザインやパッケージデザインのことを指します。
ここで求められるのは、製品の機能性や安全性、コストについても考えながらデザインする必要があります。

○DTPデザイナー
DTPデザインは文字や図、写真などをレイアウトした印刷用のデザインのことを言います。
DTPデザイナーの中でも、パンフレットや小冊子はエディトリアルデザイナーが行い、本の表紙やブックカバーなどをデザインするのはブックデザイナーと言われます。
これらは、会社によってはグラフィックデザイナーが行うこともあります。

○ゲームグラフィックデザイナー
そのまま、ゲームのキャラクターや背景などをデザインします。
3DCGを用いるため少し専門性があります。
ゲームグラフィックデザイナーは基本的には細分化されていて、キャラクターデザイナー、背景デザイナーやエフェクトデザイナーなどがいます。

○イラストレーター
デザインというよりも、本の表紙や絵本などでオリジナルのイラストを書きます。
イラストレーターはフリーの人や会社に属した社員イラストレーターがいます。
その他にもファッションデザイナーやジュエリーデザイナーなどのデザイナーが存在します。

一概にデザイナーといっても、様々な分野があり仕事の内容も異なります。
しかし、一つの職種に縛られずに、グラフィックデザイナーから他のデザイナーになることもできます。
まずは、専門学校などでデザインの基礎を学ぶことが大切なのです。