口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

ここを見極める、グラフィックデザイン学校の選び方

    

グラフィックデザインの学校の選び方

 

グラフィックデザイナーになるには、やはり専門学校や美術系大学で学ぶ人が大多数です。
そのため、グラフィックデザイナーの第一歩とも言える学校選びは重要となってきます。
この学校の選び方で「ここ」を見極めるべきという点がいくつかあります。
それは、「学費」や「評判」それに「就職に関する支援体制」です。
では、そのような点を見極めるべきかを考えてみましょう。

 

判断材料として学費が大切な理由

グラフィックデザインの学校を選ぶときに最初に気になるのは学費でしょう。
できれば、少しでも安い学費の学校に行きたいと思うのが普通です。
しかし、あまりにも学費が安いというのは考えものです。
グラフィックデザインの世界は、現在も目ざましい変化を遂げている分野ですので、最新技術を学ぼうとすると、最新設備が必要になるわけです。
最新設備を整えるということはそれだけ、設備投資が必要になりますのでその分、学費が高くなってしまうのです。
最新設備を整えている場合、最新スキルを得るための費用だと思えば仕方がないことなのです。
また、他に注意する点としては授業料の総額を確認することです。
授業料以外に設備費や教材費などを別で収めなければならない学校もあります。
「入学が決まってから予想外の費用を要求されて困った」なんてことがないように必ず、学費の総額を調べておきましょう。
そして、割引制度を確認することも大切です。
学校にもよりますが、独自の割引制度や奨学金、特待生制度などを実施しているところもありますし、一人暮らしをする人には住宅支援制度などがあります。
割引制度を利用すると学費や生活費がかなり軽減されます。
学費は、その金額に学ぶことのできる内容が伴っているかが重要になります。
そして、どの程度負担を軽減できるかで判断しましょう。

評判の良さを見るならカリキュラムに注目

「言わずもがな」ですが、カリキュラムや指導者の質が低い学校は、評判は落ちます。
そうなると、とうぜん評判の良くない学校はなくなっていくのです。
では、どんなカリキュラムであればいいのでしょう。
まず、クラスが小人数制であり直接指導を受けられる授業となっているといいでしょう。
担当指導者が決まっていると、授業で学んだ内容をあとから質問することができます。
疑問に思ったことをそのままにしない直接指導が理想です。
もちろんですが、カリキュラムの内容も大切です。
学校のカリキュラム内容が自分のやりたいことであるかをしっかり確認しましょう。
デザイン学科という名前がついていてもグラフィックデザイン以外の内容である場合もあります。
目安としては、卒業生の就職先などを参考にするとその学校が強い分野が分かりやすいかもしれません。

就職支援体制がなぜ大切なのか

実は、学校選びの面で一番大事なことが学校の就職支援体制です。
学生と企業の間に入って学生の就職先の相談に乗ってくれるのが就職カウンセラーです。
専門学校は短期間で技術を身につけて、同時に就職活動も行わなければなりません。
なかなか、企業の情報収集ができない学生の強い味方になってくれるのです。
この就職支援体制がしっかりと機能している学校の就職率はかなり高くなっています。
さらに、学校での就職セミナーのような企業と直接対話ができるような機会があるといいでしょう。
実際に、企業の担当者と話ができることで会社の詳細を知ることができるからです。
また、企業がどんな人材を欲しているのかという傾向をつかむこともできるのです。
グラフィックデザインの学校選びで大切な、3つの項目についてみてきました。
各学校によっても各々、学校の特色というものがあります。
「学費」、「評判」、「就職支援体制」が自分に合っているかを学校選びの判断材料として考えてみてください。