口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイン学校の学習期間はどれぐらい?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/05
    

グラフィックデザインは視覚に訴えかける表現をするもの全体を指すものであり、グラフィックデザイナーの仕事はとても幅広いものがあります。それで食べていくためには、しっかりとした技術や知識などが必要です。そのためにはグラフィックデザイン学校などに行って勉強するのが近道であり、そのための学習期間を知っておくことも大切です。

どのような場所で学ぶのかで期間も違う

グラフィックデザインを学習できる場所は様々あり、その中には美術大学や専門学校そして独学で行うのも選択肢の一つになります。しかし独学で勉強するとなるとわからないことがあるとそこで躓いてしまうため、しっかりと学校に通って学んだ方が安心できます。

美術大学の場合はグラフィックデザインを専門で学ぶわけではなく、一般教養なども勉強するため集中的にかかわれません。また大学は通常4年間であるので、すぐにでも就職して一線で働きたいという場合には向いていないのも事実です。大学にはその良さがありますが、グラフィックデザインを学習するのであれば専門学校に通うのが一番の近道といえます。

グラフィックデザイン学校もそれぞれで特徴が異なるのでどれがいいかは人によって様々ですが、短期集中のコースを設けているところや基礎そして専門的なことをがっつり指導しているところもあります。そのため自分が目指しているものがどのようなものなのか、それを理解して選ぶのが重要です。

短期集中であれば数か月で終わる

グラフィックデザイン学校によっては短期集中のコースがあり数か月の期間学習するものがあります。このようなものは一般課程では卒業するまで時間がかかるため、必要なスキルだけを身に着けたいという人が受講するのが多いです。

専門分野を短期間で学びたい人や仕事に役立つスキルを身に着けたい場合など、短期集中で受けることもあります。また仕事をしていると夜間コースに行くのが難しいという場合などには、土曜や日曜だけのコースなどもありそちらも検討してみるのも選択肢の一つです。どのようなスタイルで勉強したいのかは人によってさまざまであるので、自分にとってやり易い方法を選ぶのが重要になります。

社会人などは時間的余裕があまりないので、ライフスタイルに合わせて勉強できるところを選べると安心できます。短期集中でスキルを身に着けるのであれば、時間も限られているので真剣に行うのが大事です。そうすることですぐにそのスキルを活かして、仕事をすることに繋がります。

通常は2年間しっかりと学習する

グラフィックデザイン学校で学習する場合には、通常は2年間行うことになります。基礎をしっかりと叩き込んだ後に、応用やより深く踏み込んだ専門的なことを学習します。このように2年間など長期間学習する場合には、全日制がほとんどであり社会人などには向いてはいません。

しかし高校生の進学先としての選択肢には十分なものがあり、しっかりとしたカリキュラムが組まれているので着実にスキルアップしたい場合に有効です。グラフィックデザイン学校では現役のクリエイターなどが教えていることもあり、現場で使われている必要な知識や技術を学べることもあります。

その他にも就職などのサポートも充実していたりするため、就職する際も安心して活動することが可能です。社会人の人向けには転職サポートを行っている学校もあるので、そのような点も押さえて選ぶのが大切です。ほかにも在学中に取得可能な資格もチェックしておくと、資格取得を考えている場合に有効になります。

 

グラフィックデザイン学校で学習する期間は、数か月から2年など大きな幅があります。しかしこれらは時間があるのかないのか、すぐに働きたいのかどうかなどによって変化します。このようなことも踏まえて、通いたい学校を選ぶことが大事です。

おすすめ関連記事