口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイン学校の倍率はどれぐらい?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/02
    

ホームページだけでなく、チラシのデザインは宣伝効果だけでなく顧客の印象を大きく変えてしまいます。そのため、グラフィックデザイン学校を卒業した専門家に依頼するということが珍しくありません。就職先も多く人気が高い専門学校の一つで、高校卒業後の進路として選ぶ人も沢山います。

グラフィックデザイン学校の入学試験

グラフィックデザイン学校に入学するためには、一般的な大学と同じように試験を受ける必要があります。ただし、筆記試験だけでなく推薦やAO入試なども用意されているので自分に合った方法を選ぶことが大切です。通常の試験で受験したいときは、大学入試と対策がよく似ています。

推薦は、高校3年間の成績が重要になってくるので注意が必要です。模試で出た偏差値ではなく、学校でつけられる通知表の方が重要視される傾向があります。普段から授業をしっかり受け、生活態度をきちんとしておくことが大切です。通知表の成績によっては、希望するグラフィックデザイン学校が受験できないこともあるので注意してください。

AO入試は、自分の得意な分野をいかして挑戦できるというメリットがあり人気があります。倍率は入試の方法で、同じグラフィックデザイン学校でもだいぶ異なってきます。グラフィックデザイン学校によって倍率は異なるので、学校ごとに倍率は確認しなくてはいけません。推薦やAO入試の倍率が高くても、一般入試で再度挑戦できるメリットがあります。

同じグラフィックデザイン学校でもコースによって違う

グラフィックデザイン学校とひとことで言っても、中には色々なコースが用意されています。例えば、チラシや冊子の作成に力を入れているところもあればwebデザインに力を入れているところもあります。コースによって微妙に人気が異なるため、入試の際の倍率も同じではありません。もし、合格が心配なら倍率が低いコースを探して受験するという方法もあります。

グラフィックデザイン学校によっては、昼間だけでなく夜間コースを用意していることもあります。多くの学校で夜間コースは昼間に比べて、倍率が低い傾向があると言っても過言ではありません。倍率が低いと言っても、学べることは同じですし技術をしっかり身に付けることができます。

夜間は、人気がなくレベルが低いということではありません。日中は仕事や別の学校に通い、夜はグラフィックデザインを勉強したいという熱心な学生が多いのも特徴です。昼間のコースが落ちそうなら、思い切って夜に通ってみるというのも一つの手です。

地域によっても倍率は異なってくる

同じ系列のグラフィックデザイン学校でも、校舎の所在地によって倍率は異なってきます。ただ、倍率だけで選ぶのではなくきちんと通える場所かどうかをまずは考えてください。実際に人気が高いところで倍率は2倍から4倍程度とも言われています。大学入試でも2倍から4倍程度といえば、人気校と言えるでしょう。

もし、人気が高くて合格することが難しいときは系列校をいくつか受けるという方法もあります。さらに、推薦やAO入試を利用すれば倍率が高い学校でも合格する確率を上げることができます。何回も受験すると、試験にかかる費用が膨らんで不安だという学生も少なくありません。

試験を受けすぎて、ひとつひとつの対策が取れなくなることも不安です。本当に通いたい学校をいくつか選んで、きちんと対策を立てていくことが重要です。全ての学校やコースが2倍や4倍あるというわけではないので、あまり心配せず落ち着いて挑戦してみることをお勧めします。

 

グラフィックデザイン学校に入学するためには、大学と同じように試験を受ける必要があります。学校によっては人気が高くて、倍率が高くなることもあるので注意が必要です。高いところでは、人気の高い大学と同じくらいの倍率になることもあります。


おすすめ関連記事