口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイン学校の入学の流れ

    


グラフィックデザインの学校に入学するまでの流れは、全部で3段階になります。

まずは学校から資料を請求し、体験入学などに参加してみるのが一般的です。

そして入学試験を受ける訳ですが、学校によっては試験が無い事もあります

 

資料請求をして学校のことを調べる

グラフィックデザインに関して学ぶにしても、まずは学校を選ぶ必要があります。沢山の学校がある訳ですが、その中から自分に最適な所を選ぶ訳です。その際には、学校案内のパンフレットを取り寄せるのが一般的です。パンフレットには、学校のカリキュラムなどの詳細が書かれています。また具体的にどのような授業が行われるかも、学校案内には書かれている訳です。一旦は、それを複数の学校から取り寄せるのが一般的です。

どうやって取り寄せられるかというと、学校の公式サイトにある請求フォームです。たいていの学校には、資料請求のフォームがあります。そのフォームに住所などの情報を入力して、学校に送信する訳です。すると情報を受け取った学校は、案内のパンフレットを送付してくれます。その際に、郵送料金などを支払う事はありません。郵送料などは、基本的には学校が支払ってくれるからです。ですから複数の学校から資料請求しても、料金は発生しません。原則無料になります。まずは複数の所から資料を取り寄せ、各学校を調べてみると良いでしょう。それで各学校を比較してみる訳です。

オープンキャンパスや体験授業がある

良さそうなグラフィックデザイン学校を見つけた後は、体験入学をしてみると良いでしょう。幸いにも多くの学校では、体験入学やオープンキャンパスなどの制度があります。1日だけ学校で授業を受けてみて、良さそうな所であるかどうかを見極めてみる訳です。自分にとって最適な学校であるかどうかは、実際に授業を受けてみないと分からない一面もあります。パンフレットだけで、学校の全てを把握できるとは限りません。

しかしオープンキャンパスでは、実際に学校の授業を体験できる訳です。そこで学校の雰囲気などを体験できますし、良い授業を受けられるかどうかを見極める事もできます。また学校によっては、オープンキャンパスにていろいろな相談をする事も可能です。例えば学費に関して不安なども、学校によっては担当者に相談できます。上述の資料請求と同様に、複数の学校のオープンキャンパスを体験している方々も少なくありません。その体験授業で、学校を比較してみる訳です。

入学試験を受ける必要ない学校もある

上述の資料請求とオープンキャンパスによって、自分に最適な学校を選んだ後は、入学試験を受ける事になります。大学や高校などに入る為には、入学考査を受ける事になるでしょう。多くのグラフィックデザイン学校でも、試験がある訳です。試験の内容は、学校によって異なります。面接などもありますし、書類選考がある学校もあります。その試験に合格できれば、学校に対する授業料などを支払って、入学手続きを踏むのが一般的です。最終的には、入学式などに参加する事になります。

しかし「全て」のグラフィックデザイン学校にて、試験がある訳でもありません。学校によって、それぞれルールも異なります。というのも一部の学校では、入学希望者に対して試験を課していない事があります。わざわざ試験を受けなくても、入学できる学校も存在する訳です。それも、基本的には学校案内のパンフレットに明記されています。ですから試験があるかどうかを確認したい時には、まずはパンフレットを取り寄せると良いでしょう。

ですからグラフィックデザインの学校に入るまでの流れは、全部で3段階となります。まずは学校から資料を請求し、オープンキャンパスなどで体験してみる訳です。それで試験を受けてから入学するのが一般的ですが、学校によっては試験を受ける必要が無い事もあります。