口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザインのポートフォリオの作り方は?制作の方法と流れ

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/22
    


グラフィックデザインを勉強する際は、知識やスキルを学ぶことが大事です。グラフィックデザインのスキルや知識が多いほど、よりよい作品を作ることができ、仕事としても受注率が上がります。本記事では、「ポートフォリオ」について詳しく説明します。グラフィックデザインをするうえで、大切なものなので理解しておきましょう。

ポートフォリオの役割

ポートフォリオの役割について知っておきたい人もいるでしょう。ポートフォリオは簡単にいうと自分のスキルや作品を紹介するものです。ポートフォリオはブロガーやプログラマー、エンジニアなどの方が自分のスキルを依頼主に知ってもらうためにサンプル製品などを作成します。

ポートフォリオを見た依頼主は、その完成度の高さや機能性から自分が依頼したいクオリティ基準を満たしているのか確認できます。グラフィックデザイナーも仕事をフリーランスなどです行うときはポートフォリオを作成しておかなければ仕事依頼が来ないこともあるので、ポートフォリオの役割はとても重要です。

そのため、ポートフォリオは自分のスキルが向上してきたときに再度作成し直すことも必要です。以前のままのポートフォリオでは自分の現在のスキルを正しく反映することができません。ポートフォリオは自分を売り込むために必要な物なので、グラフィックデザイナーとして1人立ちしたいなら、必ず作成しておくようにしましょう。

理想的なポートフォリオとは

グラフィックデザイナーがポートフォリオを作成するなら「理想的なポートフォリオはどんな感じなの?」と思う人もいるでしょう。理想的なポートフォリオとしては

・簡潔であること

・希望企業に合わせてカスタマイズできていること

ポートフォリオを作成するときは、簡潔であることが前提です。グラフィックデザイナーとして自分の情報をいろいろ盛り込むことは大事ですが、あまりにも盛り込み過ぎると自分のアピールポイントやグラフィックデザインのメリットなどを確認しづらくなり、企業側にとってもスキルの判断が難しくなります。

そのため、無駄を省きシンプルなポートフォリオに作成できるようにしておきましょう。また、ポートフォリオは自分の希望する企業に合わせたものを作成しておきましょう。

グラフィックデザインにもいろいろな種類があり、依頼内容は企業によって違います。そのため、自分が希望する企業の仕事を受注したい場合は、企業の目的に合わせたポートフォリオを提出してアピールすることが大切です。

一般的なポートフォリオ制作の流れ

一般的にポートフォリオ制作の流れを掴んでおきたい人もいるでしょう。ポートフォリオの作成は

・ポートフォリオのテーマを決定

・全体の構成を決定

・作品の確認

という流れとなっています。ポートフォリオのテーマは自分がアピールできるもの、どんな企業に合わせたポートフォリオを作成するのか決定しましょう。何もテーマを決めずにポートフォリオを作成するなら、希望した企業の目的に合わせたポートフォリオにはなりません。

また、ポートフォリオのテーマが決まれば、全体の構成を立てて作成に取り掛かります。ポートフォリオが作成できれば、最後に全体の確認をして欠陥となっている部分や取りこぼした部分がないか確認をしましょう。

 

グラフィックデザイナーのポートフォリオを作成するときは、企業に提出するテーマや作品像全体の構成などを考えて作成しましょう。ポートフォリオをしっかり作成できれば、企業から仕事の受注も受けやすくなり、フリーランスとして活動していくこともできるようになります。そのため、時間はかかってしまうとしても、ポートフォリオをきちんと作成することが重要です。


おすすめ関連記事