口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイナーのお給料事情とは

    

グラフィックデザイナーのお給料事情

 

 

グラフィックデザイナーを目指す上で気になるのは、そのお給料事情です。
グラフィックデザイナーの場合、どこに勤めているかで収入に大きな差がでてきます。
では、勤める場所による待遇と収入の違い、学校により就職先は異なるのかを見ていきましょう。

 

 

勤める場所で変わるグラフィックデザイナーの収入

普通のサラリーマンもそうですが、グラフィックデザイナーも勤める場所によって収入に差があります。
普通のサラリーマンの場合、全年齢層の平均年収は男性で500万円程度、女性で270万円程度となっています。
それに比べて、大手広告代理店や大手企業内でのグラフィックデザイナーの場合は、多い人では30代で1000万円以上の収入を得ている人もいます。
女性で考えると、普通のOLよりもかなり待遇は良いと言えるでしょう。
もちろんこれは、大手に勤めるグラフィックデザイナーの話になります。
例えば、中小のデザイン事務所に勤める場合は、30代で年収400万円程度が一般的なようです。
もちろん、独立して個人事務所を構えるなら、仕事の量によって年収は大きく跳ね上がります。
しかし、グラフィックデザイナーとして一人前になり、大きな案件を取れるようになるまでには10年は必要と言われています。
独立したからといって必ず成功するわけではなく、仕事が定期的にある状態であることが条件になります。
独立して大きな収入を得るには、それなりの実力が必要なのです。

気になる年齢別・働く場所で変わるデザイナーの収入事情

デザイナーと言われる職業の中でも収入は大きく変わります。
グラフィックデザイナーの場合、20代〜40代で年収400万〜1000万円が多くなっています。
それに比べてwebデザイナーは年収300万円〜600万円が相場となっています。
また、ファッションデザイナーの場合も年収300万円〜600万円が多いですが、有名な個人デザイナーになると年収4000万円なんて夢のような収入を得ている人もいます。
やはり、技術よりもセンスを求められる職業の方がお給料は高いのですね。
では、待遇についてはどうでしょうか。
基本的にグラフィックデザイナーも就職している場合にはその会社の待遇により多少の差はあります。
休日数やボーナスなども大きな会社の場合は制度がしっかりしていることが多いです。
しかし、グラフィックデザイナーの仕事は、クライアント相手の仕事となり、納期が決まっている仕事です。
納期の迫る時期には仕事も忙しくなることがあります。
かといって、残業ばかりかというとそうでもありません。
グラフィックデザイナーの場合は、パソコンがあれば仕事ができる職業のため、家などでできる作業も多いです。
また、大手企業の場合は案件を一人で受けるのではなく、複数人で細分化された仕事となることも多いです。

卒業する学校によってもお給料が変わってくる?

学生の時にはあまり気にならないかもしれませんが、卒業する学校によってもお給料は変わってきます。
それは、学校と就職先との繋がりにあります。
学校によっても、就職先とのパイプが強いところと、そうでないところがあるのです。
希望する大手の企業がある場合は、卒業生の就職状況を確認すると傾向が見えてきますので参考にすると良いでしょう。
お給料や待遇面を考えると、グラフィックデザイナーはデザイナーの中でも平均よりも硬くなっています。
そのため、女性には良い職業と言えるでしょう。
女性の中でもお給料は平均的に高めとなっていますし、大手であれば待遇面も保障されます。
また、最近ではリモートワークを推奨している企業も多く、家庭で仕事をすることができるようになってきています。
在宅で仕事ができるのは、子育て中の女性には理想的とも言えるでしょう。