口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザインを仕事にしたい!志望動機の上手な書き方

    

グラフィックデザインを仕事にしたい!志望動機の上手な書き方

自分の手掛けたデザインが世の中に送り出される、そしてその送り出したデザインが世の中の人の目に多くとまり、商品の売り上げがアップすればこれほどやりがいのある仕事はありません。
元々イラストを描くことが好きだという人に取れば、グラフィックデザイナーはまさに転職ともいえるでしょう。

しかし、ただイラストが上手というだけでは採用されません。
クライアントの希望する内容をきちんと聞き出し、それに見合ったデザインでなければ意味はないからです。
そんな憧れのグラフィックデザイナーになるための志望動機はどうやって書けばいいのでしょうか?

 

有利になるような資格や経験は強みになります

○仕事は様々

まずグラフィックデザイナーは、多くのメディの中でも需要が年々高まっている職業です。
広告媒体やアプリなどのグラフィックデザインなど、仕事は様々です。
昔は紙媒体で仕事をしていましたが、今はスマホやタブレットを利用している人が多いという事で、買い媒体ではなく電子媒体へ切り替えるデザイン会社が増え、ウェブデザインや広告まで行うようになったのです。

○グラフィックデザイナーになるには

デザイン関係の専門学校や大学で起訴を学び、経験を積みます。
その後広告代理店や広告制作会社へ就職し、キャリアを積むとフリーランスとして働くことも可能です。
グラフィックデザイナーの志望動機を書く前に、グラフィックデザイナーのスキルを持つことはもちろんなのですが、Photoshopやillustratorなどのグラフィックデザイナーに必要とされているソフトウェアに関して一通り学んでいる必要があります。

○グラフィックデザイナーはデザイン職となります

デザイン職は常に最新の情報について、アンテナを張り巡らさなければいけません。
アンテナを張り巡らせることで感性が豊かとなって多彩なデザインを手掛けることもできるようになります。
デザイナーはクライアントが要望するデザインを手掛ける必要があります。
いろいろなデザインに触れる機会があればあるほどクライアントが希望するデザインを提供する幅が広まります。
感性が豊かな人はコミュニケーションが取りやすい人だと企業は判断します。

○グラフィックデザイナーの志望動機で必要なのは

「この会社で働きたい」

「今まで自分が学んだことを会社で発揮したい」

「クライアントに対応できるコミュニケーション能力のアピール」 がポイントになります。
グラフィックデザイナーはただ絵が旨ければいいというわけではありません。
現場で求められるスキルを習得していなければ即戦力のあるデザイナーとは言えません。
そのため、学校で身に着けたスキルは積極的にアピールしましょう。
特に広告やプロモーションツールを制作する場合は、各媒体に適している配色や構造に促進的な文字の配列も勉強する必要があります。

 

自分が取得している資格やスキルは積極的にアピールしましょう

○スキルはアピールしよう

どんなに絵が旨くても、結局はクライアントが望むデザインを提供できなければ意味がありません。
そのため、学校で身に着けた色彩や電子ソフトに関するスキルは積極的にアピールをしましょう。
持っている資格が多ければ多いほど、様々な場面で活躍できるので企業としても欲しい存在になります。

○コミュニケーション能力

デザイナーの役割は、クライアントが望んでいるデザインを提供し、それが今後世の中で役に立つことです。
自分が書いたデザインでお客様が集まれば幸せですね。
そのためには合う程度コミュニケーション能力が高くなければいけません。
クライアントと柔和にコミュニケーションをとることで、クライアントが本当に望んでいるデザインを聞き出し、九合アントの要望に合ったデザインを提供しやすくなるからです。
自分が得意だという事、経験したことは履歴書に書き、採用担当の人が思わず気になる存在になるような履歴書を作成しましょう。