口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

未経験がグラフィックデザイナーになるために必要なスキル

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/09/30
    

グラフィックデザイナーは専門の学校を卒業してから仕事に就く人が多い職業の一つです。未経験から現場で仕事を学びながらというよりは、ある程度のスキルをしっかりと身しい現場では仕事自体が回ってこないことも多々あります。大学や専門学校では違う分野の勉強をしてきたという人もいますが、即戦力として働くには、それなりの知識と技術が必要とされます。

未経験の人はどうすればいいの?

グラフィックデザイナーと一言で言っても、紙媒体である雑誌や新聞などを専門としている人もいますし、映像系に近い仕事をしている人もいますが、まずは何よりも、しっかりとした専門知識を身につけることが重要です。たとえばですが、タイピングをするにしてもブラインドタッチは暗黙の了解といったお仕事もありますよね。

グラフィックデザイナーにしても、基本のコピーアンドペーストを右クリックでするのか、キーボードのショートカットで素早くできるのかという一つの違いだけでも作業効率がかなり変わってきます。グラフィックデザインの世界はアートよりだと思う人が多いですが、実際に学んでみると、商業的な面が非常に強いことがわかるはずです。誰がなんのために必要とするものなのかをきちんと分析して、作成に当たることが必須です。

グラフィックデザイナー

世の中にはグラフィックデザイナーになるための参考書や専門書、またはネットで公開している個人の学習サイトなどがたくさんあります。そこで学ぶことももちろん可能ですが、一番手っ取り早く正確で必要な知識を独学で身につけることはなかなか大変かと思われます。

先程挙げたショートカットを使っての作業は、近くで教えてくれる先生などがいてこそわかる指摘してもらえる技かと思います。また、独学ですと、どれだけ自分に知識が身についたかもわかりにくいですよね。実際に作品を作りながら、アドバイスをしてもらうことで自分の力量がはっきりと目に見え、足りないところも分析していくことが可能です。

学校に行くことに関して

時間とお金を割くことは難しいという方もいらっしゃるかも知れませんが、長い目で見れば、経験豊富な専門の先生から学ぶことが後々仕事に就いたときにもきっと役に立つはずです。

グラフィックデザイナーは即戦力を求められることも多いですから、きちんとした知識と技術がとても大切です。デザイン性が求められると思う人が多いかも知れませんが、0.1mmに神経を使う細かい作業もたくさんありますし、それでいて素早く仕事をこなさなければ納期に間に合わないという仕事もたくさんあるはずです。

 

グラフィックデザイナーへの道はいろいろあるとは思いますが、即戦力として活躍したい!すぐに仕事に就きたい!という人であればあるほど、学校で確かな知識を学ぶことが必要といえます。同じ仕事をするにしても、正確さやスピードさはもちろんのこと、デザイン力を求められることも多いですから、自信を持って仕事に臨みたいですよね。そして、実際に仕事で身につける技術もたくさんありますが、できる準備はしていきたいですよね。

学生の方だけでなく、社会人の方でも仕事をしながら通うことも可能です。また、グラフィックデザインの世界に足を踏み入れる方は初めてという方もいれば、美術やデザインを勉強してきたという方もいらっしゃいますが、それぞれの学びたい内容や将来の方向性に合ったコースもあります。夢をあきらめずに、一緒に頑張っていきましょう。


おすすめ関連記事