口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイン学校に夏休みはある?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/05
    

これから専門学校等に通おうと思っている方が「夏休みはあるの?」と疑問に思うことがあります。好きなイラストやデザインの勉強もしたいけれど、学生として夏休みも楽しみたいという方もいるでしょう。そこで、今回はグラフィックデザイン学校に夏休みがあるのかどうかを見ていきます。

一般的な専門学校の夏休みは一ヶ月ほどある

グラフィックデザイン学校により、夏休みの長さは違ってきますが、一般的な学校では一ヶ月程度ある所が多いです。休みが短い学校では1日から10日、もしくは11日から20日ほどで、長い所は21日以上となっています。

全体としては一ヶ月近く休みを設けていますので、夏休みがある学校なら学生らしく夏休みをエンジョイすることは可能です。専門学校での授業も大切ですが、学生生活の良い思い出を作りたい方は、入学前に夏休みの予定を考えておくのも良いでしょう。

ただ、学校により短い所もあればほとんど無い所もありますので、入学する前に休みの長さは確認しておくと安心です。確認方法は学校案内のパンフレットを取り寄せる方法や、直接学校に電話をして話を聞いたりする方法があります。ちなみに、専門学校によっては夏休み中の課題のようなものが課せられます。課題がある学校の場合は、夏期休暇中に、それを終わらせることが出来るようにしましょう。

インターンシップやアルバイトで夏休みの過ごし方を有意義にする

グラフィックデザイン学校へ入学したら、卒業するまでに就職活動をされる方が多いですが、その時にポイントになってくるのがインターンシップやアルバイトの経験です。

特に就職活動を間近に控えたグラフィックデザイン学校の学生なら、夏休みの長期休みを使ってインターンシップに参加するのも良いでしょう。インターンシップに参加することでしか分からないこともありますし、インターンシップの経験が就職活動で活かせる場合もあります。

休みをすべて遊んで過ごすのも良いですが、もし気になる企業のインターンシップに参加出来るようなら、スケジュールを調整して参加すると将来的に役立つ可能性もあります。また、学生生活は生活費や参考書の購入などでお金がかかるので、アルバイトをして休みを過ごすのも良いでしょう。

普段、グラフィックデザインの勉強ばかりで疲れた頭も、アルバイトをすればリフレッシュすることが出来ます。就活の時にもアルバイトをして、仕事に携わった経験があれば自己PRとしても使えます。

夏休みは資格取得やイベントや旅行に行くのにも丁度よい機会

夏休みがあるグラフィックデザイン学校に入学したら、休み中に資格取得をするのも良い方法です。グラフィックデザイン関連の資格も夏が検定日になっているものもありますので、検定日に合わせて休みを有効活用して取得を目指しましょう。

また、資格取得をすると就職活動の時にも、その資格取得を頑張ったとPRすることができ、資格の知名度によっては高く評価されることもあります。グラフィックデザイン学校を卒業後、いきなりフリーとして働く方は別として、一般企業に就職して働こうと考えている方は資格取得もしておくと安心です。

その他、夏は専門学校のフェスティバルやイベントがよく開催される季節ですので、通っている学校のイベント情報はチェックしましょう。イベントの他には旅行に行くのにもちょうど良く、海外旅行や芸術祭などに行って知見も広げてみるのもおすすめとなります。2年の学生生活なら、2回の夏休みがありますのでその貴重な休みを有意義に過ごすことが大切です。

 

大抵のグラフィックデザイン学校には夏休みがあり、その使い方は自由です。遊ぶのも良いですし、勉強や就職活動の為に使うのも良いでしょう。人それぞれ休みの使い方がありますが、社会人になってからはそのような長期休みはありませんので、休みの計画を立てて有意義に使えるようになって下さい。

おすすめ関連記事