口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイン学校の講師はどういう人?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/09
    

ネット社会でありながらも、チラシやパンフレットの印刷物から情報を伝えるグラフィックデザインを学ぶのならば専門学校がおすすめです。

そこでの学びでは、講師の存在がカギを握るようで、いったいどのような人たちで構築されているのでしょうか。

グラフィックデザインのプロが籍をおく

まずグラフィックデザインについてどれくらい知っているでしょうか。例えば、写真とデータのグラフィックなどは、見ることでメッセージ性や情報を伝えることができます。一般の人からすれば、ポスターやチラシ、新聞や商品のパッケージなどの印刷物もグラフィックデザインです。

これらを制作するためにはグラフィックデザイナーになる知識と技術を習得しなければなりません。そうすれば、印刷媒体の構図を考えて、写真や文字配置、色彩などで分かりやすく伝える仕事にも就くことができます。

グラフィックデザインを学ぶのならば、独学よりも専門的な指導を受けることができるグラフィックデザイン学校に入学しましょう。実践経験を積むことができます。効率重視という実践的なグラフィックデザイン学校もありますが、講師にはどういう人がいるのでしょうか。

大手となるグラフィックデザイン学校では、実際に活躍するデザイナーやクリエイターが講師です。各業界で今も活躍する現役ですから、現在の業界の状態や、どういった人材が必要なのか、現場で必要な知識や技術も知り尽くしています。だからこそ、効率的に実践力が身につくのでしょう。

ウェブデザイナーやゲームのキャラクターをデザインするゲームグラフィックデザイナーなども籍をおきます。ゲーマーではなくとも誰もが知っているキャラクターを手がけていたり、数多くのデザイン賞を受賞する人たちばかりです。こうした有名なデザイナーやクリエイターの授業を2年間無料で受けられるところもあるようです。

誰もが知る一流デザイナーもいる

学校と一口にいっても、グラフィックコースのみならず、プロダクトコースやデザイン系コースもあります。学校全体がファッションやメイク、ネイルなどの美容系のクラスで構築されており、グラフィックのデザイン系コースに関しては、開講クラスが1クラスというところも少なくありません。

しかし、学ぶ基礎は他校に引けを取りません。また、こうしたグラフィックデザイン学校では特別講師も来校しているようです。その顔ぶれとしては超一流デザイナーばかりで、メディアで見ない日はないのではないでしょうか。

豪華な講師に指導を受けたくて通い始める人もいるほどです。色に関する知識や技術に特化している講師も多数おり、ファッションやインテリアなどの分野で活躍してきた人材ばかりです。

個性派ぞろいの講師がいる学校もある

グラフィックデザイン学校に通うメリットは、現役のプロに教えてもらえるという点でしょう。スケートボードやドローンの技術が学べるような個性的なところもあります。

ちなみに、グラフィックデザイナー兼イラストレーターとして絵本を出版している講師もいます。それこそ、妻子持ちで子供のために絵本のデザインに関与したり、文具や教材、玩具系企業に勤めていた経歴を持つ講師までがいます。

前職がインダストリアルデザイナーであった人は、工業系に就職し、自動車の車内装に携わった実力者です。こうした個性的なグラフィックデザイン学校では、無料の就職カウンセリングをおこなっています。社会人であった経験が転職サポートに有利に働くともいいます。

もちろん、学生と社会人の立場の違いで相談にのってくれます。コミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルなどを持つ営業マンからグラフィックデザインを専攻するなど、逆転の経歴や職歴を持つケースもあるようです。

 

グラフィックデザイン学校に通うことにより、しっかり基礎を身につけることができます。

また、独学とは違って、将来の就職や転職のサポートも担ってくれるのも魅力でしょう。短期から学ぶことができ、そうした学生を受け入れて授業をおこなう講師 は現役でグラフィックデザインに関与している実力者ばかりです。

前職がグラフィックデザインとは関係のなかった人もいたり、多種多様な講師から学ぶことにより、いろんなところで活かせる力が身につくといいます。

おすすめ関連記事