グラフィックデザインスクールおすすめ5選!社会人講座や相場を解説

InDesignとはどんなもの?できることやメリットを解説!

公開日:2023/04/01  
    


グラフィックデザインができる代表的なソフトであるInDesignを知っていますか?出版に関わる仕事には欠かせないツールともいわれていますが、どんな機能があってどんな作業ができるのか、詳しく知らない方も多いでしょう。そこで今回は、出版業界には欠かすことのできないInDesignについてご紹介します。

InDesignとは

そもそもInDesign(インデザイン)とは、数多く存在する DTP(デスクトップパブリッシングアプリケーション)ソフト の中でも利用者が多いといわれる、Adobe社が開発したDTPソフトのことです。

同じくAdobe社が開発したPhotoshopやIllutratorは使った経験があるという方も多いかもしれません。広告やポスターといった1枚もののDTPはPhotoshopやIllutratorで作成するのが向いているのに対し、InDesignは雑誌や本、論文といった複数ページがある冊子や印刷物のデザインに適しています。

とくに冊子ものに必要なページ管理機能、ページの設定機能などが充実しているのが特徴です。図形や画像、テキストをたくさん使用する冊子を作製する時、何十ページもある印刷物を作成したいときなどに利用すると便利なソフトといえるでしょう。

InDesignでできること

DTPならIllutratorを使えばほとんどのデザインに関する作業はできます。しかし、より効率よく作業を進めたい場合には、InDesignを使用したほうが面倒な作業を省くことができるでしょう。ここではInDesignでできることをいくつかご紹介します。

ページの管理

レイアウトや体裁を整えたいとき、一度の操作で全ページを一括変換することができます。1ページずつ修正していく必要がないため、効率的に作業が進むでしょう。

テキストの多いデザインの設定が簡単にできる

InDesignでは、論文や小説のような長文が入っても、文字組設定が充実しているため、ひとつひとつ設定する必要がありません。文字組設定とは、句読点の設定、段落初めのスペースの空け方といった細かな設定のことです。

また、Illutratorでは長文を打つと枠からはみ出してしまい、体裁を整えるのがたいへんですがInDesignでは自動流し込み機能によって、自動的に次のページに文章が流れるようになっています。

電子書籍用データの作成

印刷物だけでなく、アニメーションやビデオなどのデジタルコンテンツを含む電子書籍のデータを作成、出力することも可能です。Illutratorではepub形式の書き出しができませんので、電子書籍の需要が高まる現代において、電子書籍データを作成できるのは大きな長所と言えるでしょう。

ページ番号の割り振り

冊子を作る上で、ページ番号を振るという作業はたいへん手間のかかる作業です。InDesignにはページ番号を自動的に振ってくれる機能があります。ページ番号は数字だけでなくアルファベットや2桁、3桁の数字への変更も可能です。

InDesignのメリット

今ご紹介したようにInDesignには多彩で便利な機能が備わっていますが、InDesignを利用するメリットとしては次のようなものがあります。

ほかのAdobeツールと連動させてさらに効率アップ

InDesignは高度な図形編集には対応しておらず、凝ったデザインのロゴマークやイラストを取り入れたいと思ってもInDesign単体では難しいものです。そこで、知っておきたいのは InDesignがほかのAdobeツールとの互換性を持っているということです。

Illutratorやphotoshopで作成したファイルを読み込んで配置することができます。ファイル変換する必要もないため、画像の編集はphotoshop、グラフィックデザインはIllutrator、それらの素材を使って冊子を作るのはInDesignと、ツールを使い分けることでより作業効率が上がるのです。

修正があっても安心

原稿制作において後からページの入れ替えやページの追加・削除することも多いものです。そこで、複数ページがある冊子のページ番号を1ページずつ修正するとなると、ページ数が多いほどたいへんな作業になります。InDesignではマスターデータの修正をすることで、ほかのページもすべて一括で修正されるため、修正時間を大幅に短縮することができます。修正に強い機能が多いので、思いがけない修正が生じた場合にも安心でしょう。

まとめ

InDesignは、書籍や冊子の制作には欠かすことのできないツールです。今回ご紹介した機能のほかにもルビ(ふりがな)をふることができる、フレームのデザイン性が高く豊富、表の編集がしやすい、などの機能も充実しています。個人的に冊子の制作をしてみたい、仕事でパンフレットを作る際に便利なソフトが欲しいという方から、出版業界で働きたい!という方まで、一度は使ってみたいソフトでしょう。本記事でご紹介したInDesignの機能やメリットをぜひ参考にしてください。


おすすめ関連記事