グラフィックデザインスクールおすすめ5選!社会人講座や相場を解説

CGクリエイターとはどんな仕事?仕事内容や必要なスキルをご紹介!

公開日:2022/09/01   最終更新日:2022/09/07
    


CGクリエイターという言葉を耳にしたことはありますか?IT化が進んだ今、一般的に目にするようになったCGは、映画やアニメといったコンテンツのほかにもスマートフォンやパソコンなどの身近なもので使用されています。そんなCGを作るCGクリエイターとはどんな仕事なのでしょうか?ここではその仕事内容や必要なスキルをご紹介します。

CGクリエイターとは

CGクリエイターとは、専用ソフトを使ってCGを制作する人の総称です。近年ではアニメやゲームにCGが使われているだけでなく、私たちはスマートフォンやパソコンを通して日々CGに触れています。映画などのエンターテインメントのほかに、医療や建築の現場でもCGが多く使用されています。そんな日常生活に密接に関わっているCGを作るCGクリエイターはIT化が進んでいることもあり、非常に需要の高い職業の一つです。

CGクリエイターの仕事内容

CGクリエイターと聞いても、具体的にどういったことを行うのでしょうか?ここではそんなCGクリエイターの仕事内容について解説します。

モデラー

モデラーとは専用ソフトを使用して、物体の形を作る仕事です。骨組みや基礎のようなもので、土台となる大事な作業を担います。人だけでなく無機物や背景といったものまで基礎を組み立て、そこに色や質感を加えていきます。

アニメーター

アニメーターとは、モデラーが作成したモデルを動かす仕事です。人物の動きのほかに、風や波といった自然の動きなど、さまざまな動きをアニメーション設定によって作り出します。

エフェクター

エフェクターは、動きが加えられたモデルや映像に特殊効果を加える仕事です。このエフェクターの仕事によって細やかな調整などが加えられるため、よりリアルに見える働きがあります。エフェクターに近い仕事で、物体や背景などの照明を調節するライティングといった仕事もあります。

テクスチャーアーティスト

テクスチャーアーティストは、モデルや映像、背景に色や質感を加える仕事です。よりリアルな質感にするために必要不可欠な作業になります。こうした細やかな作業を複数の人間が重ねて行うことで、作品に厚みが出るためよりリアルな映像などが作成できるのです。

CGクリエイターになるために必要なスキル

CGクリエイターになるために必要なスキルは、社会に出て求められるコミュニケーション能力のほかに専門的な知識などもあります。CGクリエイターの仕事は基本的に一人では行わずに、複数人のチームとなって取り組むことが多く、中には海外のクライアントやスタッフと作業することも少なくありません。

よりグローバル化が進んでいる今では、英語力も試されます。また、デザインを正確に把握するといった意味でもデッサンや空間把握能力、色彩感覚なども必要になってくるので、プログラミングやITに強いというだけでは難しい可能性も。もちろんCG専用のソフトも使用できるようにしましょう。

CGクリエイターになるためには

CGクリエイターになるためには、先ほどのスキルを独学で学ぶと時間がかかってしまうため、多くの人は専門学校や大学へ進学します。CGだけでなくプログラミングなどのコンピューターの基礎からしっかりと学んで基盤を作ることが大切です。

未経験のまま社会人として入社してから実践で学ぶこともできますが、業務となると学ぶ時間がなかなか取れないほか、アシスタントとして任せられる仕事が多くないといったデメリットもあります。プロの仕事を近くで見られるというメリットはありますが、努力が必要です。

まとめ

いかがでしたか?在宅ワークやIT化が進んだ今、CGクリエイターの需要は伸びつつあります。今回ご紹介した仕事内容や必要なスキルを参考に、CGクリエイターを目指してみてはいかがでしょうか?


おすすめ関連記事