グラフィックデザインスクールおすすめ5選!社会人講座や相場を解説

グラフィックデザイナーの志望動機の書き方とは?ポイントや注意点を紹介

公開日:2024/07/01   最終更新日:2024/07/08
    

志望動機

グラフィックデザイナーを目指すにあたって、志望動機は重要なポイントです。採用担当者に熱意やスキルを伝えるためには、どのような点に気をつけて書けば良いのでしょうか。この記事では、評価される志望動機の書き方を例文を交えて解説いたします。ぜひ、参考にしてみてください。

グラフィックデザイナーとは?

グラフィックデザイナーは、雑誌の表紙、商品のパッケージ、ポスター、看板など、商品の販売や宣伝に関わるデザインを行う仕事です。

広告制作会社やデザイン事務所、企業の商品開発部で働くことが多いですが、中にはフリーランスとして独立している人もいます。デザインの専門知識やスキルが必要とされるため、独学で学び続ける努力も欠かせません。

グラフィックデザインの仕事は多岐にわたります。例えば、専用ソフトを使用してデザインを作成するだけでなく、商品コンセプトに関わる会議に参加したり、写真撮影を行ったりすることもあります。

クライアントからの依頼を受け、打ち合わせを重ねながらデザインを仕上げ、最終的には納品するという流れです。デザインの完成までには多くのステップがあり、責任と達成感を伴う素晴らしい職業です。

グラフィックデザイナーであると便利な資格

グラフィックデザイナーになる上で必須の資格はありませんが、持っておくと便利な資格がいくつかあります。例えば、「アドビ認定アソシエイト」は、PhotoshopやIllustratorの知識と技能を証明する資格です。

これにより、画像処理の基本的なスキルや効率的な作業方法を身につけることができます。また「Illustrator・Photoshopクリエイター能力認定試験」は、画像の加工や調整能力を測る試験で、スタンダードとエキスパートの2種類の認定基準があります。

「DTPエキスパート」はデザインのレイアウトやカラープロセス、スキャニングなど印刷工程に関わる知識を問う資格です。この資格は、デザイン業界を目指す人々に人気があります。

さらに「色彩検定」は色彩に関する知識や技能を問う検定試験で、配色の理論や色彩が人間や社会に与える効果を学ぶことができます。これらの資格を持っていると、グラフィックデザイナーとしての希少価値が高まり、キャリアに役立つでしょう。

グラフィックデザイナーの志望動機のポイントや注意点

志望動機を書く際には、グラフィックデザイナーになりたい理由や目指すべきゴール、そしてなぜその企業を選んだのかを明確にすることが大切です。採用担当者にあなたの思いが伝わるような内容にしましょう。

まず「なぜグラフィックデザイナーという職種を選んだのか」を具体的に伝えることが重要です。好きなデザイナーの作品や目標とするデザイナー像などを挙げ、自分の目標に到達するためにグラフィックデザイナーを選んだ理由を明確に伝えましょう。

また、自分のデザインを通じてどのように企業に貢献できるのかを記載すると説得力が増します。「なぜその企業を選んだのか」についても具体的に記述しましょう。企業の過去作品を見た際の感動や、その企業でしか学べないことなどを盛り込みます

経営理念や教育方針への共感も志望動機に含めると良いでしょう。採用担当者にあなたが企業の特徴を理解し、その中でどのように活躍したいかを伝えることがポイントです。

まとめ

グラフィックデザイナーとしての志望動機を書く際には、具体的な目標や企業への貢献意欲を明確にすることが重要です。憧れだけでなく、具体的なキャリアプランや夢を伝えることで、採用担当者に熱意が伝わります。また、受け身の姿勢ではなく、自分のスキルを活かして企業にどのように貢献したいかを述べることが大切です。
グラフィックデザイナーは、デザインの流行を追い続け、最新の情報や技術を学び続ける姿勢が求められます。一つひとつの仕事を丁寧に行い、クライアントからの評価を積み重ねることで、他のデザイナーと差別化し、活躍できるでしょう。企業研究をしっかりと行い、自分の強みをアピールする志望動機を作成することが、採用への第一歩となります。


おすすめ関連記事