人気のグラフィックデザイン専門学校を口コミや評判とあわせて比較!

グラフィックデザイン学校に通うなら就職支援があるスクールにしよう

公開日:2023/06/15  最終更新日:2023/11/07
    


これから、グラフィックデザインを習いたい、グラフィックデザイナーになりたいという方、その後の就職まで、考えていますか?グラフィックデザインスクールに通うのであれば、就職まで支援してくれるスクールがおすすめです。では、なぜ就職支援が必要なのでしょうか?見ていきましょう。

グラフィックデザイナーを目指すなら就職支援があるスクールがおすすめ

グラフィックデザインを習ったら、きっと就職できるだろう、グラフィックデザインのスクールからきっと紹介があるだろう。そんな風に考えていませんか?どんな会社で働きたいとか、あんな会社がいいなど、おおまかにイメージしているかもしれません。

ですが、就職は、そんな簡単にいくものではありません。今やグラフィックデザインなどのスクールは、通信・通学を問わず、とても増えています。多くの人に知られるようになった今、人気の職業になりつつあります。

そんな中、簡単に就職と言っても、スクールを出ただけの、実績のない人材を履歴書だけで、積極的に採用しようとはなりません。そこで、心強い味方になってくれるのが、就職支援付きのスクールなのです。では、どのようなサポートをしてくれるのか、詳しく見ていきましょう。

就職支援ではどのようなサポートをしてくれるのか

就職支援では、キャリアカウンセラーによる、アドバイスを受けることができます。自分のことを客観的に見てもらえる機会は少ないため、プロである、キャリアカウンセラーに見てもらうことで、自分を知ることができ、自分の未来を想像しやすくなります。

その他に、ポートフォリオ作りのアドバイスや添削も受けられます。ポートフォリオは自分の作品集です。会社に就職したい場合は、このポートフォリオがとても大切になってきます。採用率を上げるためにも、プロに添削、相談をすることで、よりよい作品集に仕上がります。

また、書類の添削や、面接対策、自己PRのアドバイスを受けられます。必要ないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、面接や書類選考の対策をしている人としていない人では、大きな差が生じます。本気で就職したいのであれば、就職支援はとても重要なものになります。

就職支援のあるグラフィックデザイン学校を選ぶときのポイント

就職支援がある、スクールを選ぶポイントとして、現役エンジニアの講師が在籍しているかどうかがポイントになってきます。現場で通用する知識や技術は、とても大切です。講師の質は、就職する上で、重要な役割をもっています。

また、グラフィックデザインスクールには、未経験から受講可能なプランや知識のある人向けのプランなどがあります。自分に合ったプランを選択することも大切です。グッドデザインスクールには、教育訓練給付金制度も利用できます。その他に、ママ割や、学生割、紹介割やペア割などを利用したい場合は、そのスクールが対象、または、割引キャンペーンを行っているか確認しましょう。

就職・転職保証付きというスクールもあります。就職や転職ができなければ、返金保証があるサービスになっており、なんとしてもグラフィックデザイナーとして働きたいという方に必見のスクールになっています。

また、スクール代に就職支援が含まれているのか、別途、支援を申し込む必要があるのかは、スクールによって異なるので、学びたいスクールが見つかった場合、その点も確認しましょう。支援内容も、スクールによって異なるので、自分にとって必要な支援内容があるかどうかの確認も必要です。

まとめ

グラフィックデザイナーを目指すのであれば、就職支援付きのスクールがおすすめです。グラフィックデザインを習う人が増えた中で、自分が希望する会社に就職できるには、それなりの対策が必要です。対策や、相談、ポートフォリオの添削で、より自分の強みや魅力をアピールすることができるようになります。就職支援付きのスクールで、憧れのグラフィックデザイナーに一歩近づきましょう。

無料の就職カウンセリングを活用しよう!

東京デザインプレックス研究所では、無料の就職カウンセリングを提供しています。このカウンセリングは、学生一人ひとりの希望や目標に合った就職活動をサポートしています。

個別のアドバイスから始まり、履歴書やポートフォリオの作成のアドバイスまでお願い可能です。さらに、学生と非公開求人を提供する企業紹介会社をマッチングし、最適な企業への紹介も行っています。

また、多くの企業紹介会社と連携している点も魅力のひとつです。


おすすめ関連記事