グラフィックデザインスクールおすすめ5選!社会人講座や相場を解説

グラフィックデザイナーはマーケティングスキルも身につけておくべき? 

公開日:2023/01/15  
    


グラフィックデザイナーはデザイン制作のプロですが、マーケティングスキルも身につけておくべきだという意見もあります。それとも、デザインスキルだけもっていれば十分なのでしょうか。今回は、グラフィックデザイナーにマーケティングスキルが必要なのかどうか解説しましょう。グラフィックデザイナーを目指している方は参考にしてください。

グラフィックデザイナーになる前に身につけておきたいスキル

グラフィックデザイナーになるために必要なスキルは、デザインスキル以外にもあります。どんなスキルを身につけておけばいいのでしょうか。

デザインスキル

美的センスを生かし、デザインソフトなどを十分に使いこなしながらデザインを制作するスキルは必須です。デザイン技術は常に進歩しているので、新しい情報をキャッチアップし続ける姿勢も欠かせません。

イラストレーションスキル

パソコン主流の時代でもイラストを描けるスキルは無駄にはなりません。打ち合わせのときに紙にさっとイラストを描くだけで、相手にイメージを伝えられるからです。アイデアを共有するときに役立つでしょう。

プロジェクトマネジメントスキル

2人以上のスタッフでデザイン制作する場合も多いものです。その場合はマネジメントスキルが必要です。リーダーシップをとってプロジェクトを進行させるときに大いに役立ちます。

マーケティングスキル

パッケージなどを手がける場合、商品が売れるためのデザインにする必要があります。より効果的なデザインを提案できて、クリエイティブな仕事ができるグラフィックデザイナーが求められています。ユーザーのニーズを的確に分析して、デザインを改善できるマーケティングスキルがあれば理想的です。

マーケティングに必要なスキル

必要とされるグラフィックデザイナーになるためには、マーケティングスキルを学ぶことをおすすめします。ここでは、マーケティングを行うときに必要なスキルについて解説しましょう。

分析力や企画力

マーケティングで大切なのが、市場で何が人気なのかを察知することです。収集したWEB解析データや市場データを分析するスキルも必要です。情報を分析することで、事実にもとづいたデザインを制作できます。そして新しいアイデアを企画します。商品の効果的なアプローチ方法を考え、ユーザーの興味をひくデザインを生み出します。

さらには、クライアントや社内スタッフにプレゼンテーションする力も身につける必要があります。このように、市場を分析して根拠をもとにデザインすることで、売り上げアップなどの成果につながりやすくなります。

ITスキル

デジタル社会において、ITスキルは必須です。基本的なパソコンスキルはもちろん必要ですが、特にWEB制作に関するスキルは評価されます。多くの人がスマホやパソコンを使用するため、WEB制作は今後も求められるスキルでしょう。ブログやホームページを運用する際などに大いに活用できるはずです。

マーケティングスキルを向上させる方法

グラフィックデザイナーとして活躍するために、マーケティングスキルはぜひ向上させたいスキルです。それでは、どのようにしてマーケティングスキルは向上させられるのでしょうか。1つには、マーケティングに関する資格を取得する方法があります。たとえばWEBアナリスト検定ではアクセス解析などの知識を学びます。資格取得というゴールを目指すことになるので、勉強するモチベーションが上がるでしょう。

まとめ

今回は、グラフィックデザイナーとして活躍するために必要なマーケティングスキルについて解説しました。ただデザインスキルをもっているだけではなく、別のスキルも身につければ、グラフィックデザイナーとしての価値が高まります。マーケティングスキルがあれば、ユーザーのニーズを察知して新しいものやサービスを生み出す仕事に貢献できるでしょう。グラフィックデザイナーを目指している方は、マーケティングスキルを学ぶことを検討してはいかがでしょうか。


おすすめ関連記事