グラフィックデザインスクールおすすめ5選!社会人講座や相場を解説

グラフィックデザイン学校にも学生寮はある?寮にするメリットとは 

公開日:2023/02/01  
    


高校を卒業して親元を離れて暮らすときに、学生寮に入る人もいます。学生寮をもつ大学はありますが、グラフィックデザイン学校はどうなのでしょうか。そこで今回の記事では、グラフィックデザイン学校にも学生寮はあるのかどうか解説します。また、学生寮に入るメリットについても解説しましょう。

グラフィックデザイン学校によっては学生寮がある

グラフィックデザイナーを目指す学生たちが通うグラフィックデザイン学校には、学生寮をもつ学校もあります。初めて親元を離れて都会で生活するときは不安も大きいものです。学生寮があるなら同じ学校に通う生徒たちも暮らしているので、すぐに友だちもできるでしょう。ベッドや勉強机、たんす、照明、カーテンなどの必要な家具が備え付けられています。

学生寮のあるグラフィックデザイン学校に通うメリット

学生寮をもつグラフィックデザイン学校のメリットについて解説しましょう。

仲間ができる

学生寮では、同じ目標をもつ仲間たちと一緒に生活することになります。勉強や進路で悩んだときも相談できる相手がいるので心強いはずです。学生寮には常に人がいるので、一人暮らしと違って孤独を感じにくいでしょう。また、先輩や後輩とも一緒に共同生活をすることになるので、今後の人生でも役に立つ経験ができるはずです。学生同士でイベントを企画するなど、にぎやかな生活が送れます。

費用が安い

一般的な学生寮なら、賃貸物件の相場よりも住居費が安く抑えられます。しかも、賃貸物件のような敷金・礼金はありません。最初に入寮費がかかる場合もありますが、それでも初期費用を大幅に抑えられます。また、家具や家電が備えつけなので、引っ越し費用を最小限に抑えられます。食堂がある学生寮なら自炊する必要がなく、栄養バランスの整った食事を割安の料金で食べられます。

通学に便利

学生寮は学校の近くにあるので、通学に便利です。徒歩や自転車で通うなら交通費もかからず、通学時間も少なくできます。

セキュリティ対策がしっかりしている

学生が住む施設なので、学生寮ではセキュリティ対策がしっかりしています。寮母さんや寮長さんがいて、不審者の侵入を防ぐための防犯カメラやオートロック機能が備えられています。

学生寮のあるグラフィックデザイン学校に通うデメリット

学生寮のあるグラフィックデザイン学校に通う場合、どんなデメリットがあるのでしょうか。学生寮は楽しい面もたくさんありますが、共同生活だからこそ気をつかう部分もあります。

ルールや当番がある

学生寮はみんなが気持ちよく暮らせるために、門限やゴミ出し、掃除などのルールがあります。また掃除当番などが回ってくるので、自分に割り当てられた雑用はしなければいけません。一人暮らしや実家暮らしに比べると、きゅうくつに感じる人もいるでしょう。

人間関係で気をつかう

孤独感を感じづらいのが学生寮のメリットですが、完全に一人きりの時間をもてないという面もあります。学生寮ではトイレや風呂も共同で使います。みんなと一緒に過ごす場面が多いので、プライバシーが守られないときもあります。

また、いろんな性格の学生が集まって一緒に生活するので、当然ながら人間関係に気をつかうこともあります。場合によっては、我慢しないといけないこともあるでしょう。マイペースに過ごしたい人にとっては、学生寮の生活は向いていないかもしれません。ただ、学生寮での人づきあいを経験したことで得られる教訓も多くあるので、その後の社会人生活できっと役立つはずです。

まとめ

今回はグラフィックデザイン学校の学生寮について解説しました。学生寮があっても希望すれば必ず入寮できるとは限りません。希望者が多いと抽選になったり、経済状況などが考慮されて決められたりします。入寮を希望する場合はなるべく早めに申し込みましょう。学生寮でしか得られない貴重な経験が待っているはずです。


おすすめ関連記事