口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイン学校の夜間部と昼間部で違いはある?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/02
    

職業としてのグラフィックデザイナーを目指したいなら、専門の教育機関で教えてもらうのがベストです。しかし、金銭的な問題などがあって、昼間ではなく夜間に通わなければいけない状況もあるはずです。こちらでは夜間部と昼間部の違いを説明していきます。自分に合ったものを選んで、将来活躍することを目指しましょう。

夜間部は学費が安い場合がある

夜間部は昼間に働きながらグラフィックデザイン学校通えるという大きなメリットがあるため、金銭的な不安がある方にはありがたいはずです。しかし、それだけではなく昼間部よりも夜間部のほうが費用を安く設定されている場合があるのです。つまり、働きながら通えるうえに学費が安いので、お金の問題でグラフィックデザイン学校に通えないと考えている方にもピッタリです。

夜間部が昼間部よりも、どのくらい安い学費になっているのかは、グラフィックデザイン学校の公式ホームページを訪れれば分かります。グラフィックデザイン学校に関わらず、専門学校というのはほぼ間違いなく公式ホームページで学費について説明しています。

従って、夜間部と昼間部の学費を見つけて比較をすれば、すぐにどのくらい異なるのかを知ることができます。もちろん、それほど変わらないグラフィックデザイン学校もあるので、安い学費を望むのなら、いろいろなところの公式ホームページに目を通しましょう。

提供されるカリキュラムが異なる場合がある

夕方から始まる夜間部は昼間部よりも利用できる時間が少ないため、授業数も少ないケースもあります。授業数が異なるということは、当然カリキュラムも異なってくるので公式ホームページでチェックをするようにしましょう。せっかくグラフィックデザイン学校に通うのですから、自身が望む知識や技術は必ず得たいと考えているはずです。そのため、カリキュラムをしっかりと読んで、自分が望むものが用意されているのか確認をしましょう。

ちなみにグラフィックデザイン学校によっては、夜間部のほうが昼間部よりも通わなければいけない期間が長い場合もあります。つまり、授業数が少ない分、期間を長くすることでカリキュラムが同じようになるように調節してくれているのです。もしも、グラフィックデザイン学校からすべてを学びたいと考えるのなら、期間が長いところをあえて選ぶことも考えましょう。

受けられるサポートや取得できる資格は同じ場合が多い

専門学校に通うのなら、資格を取得したり就職をサポートしてもらったりしたい方も多いはずです。それらは、夜間部と昼間部のどちらに通ったとしても、違いがほとんどない場合が多いので安心しましょう。心配ならば公式ホームページを訪れれば、資格や就職サポートについて載っているはずなので、不安を払拭したうえで入校ができるはずです。もちろん、グラフィックデザイン学校によって得られる資格や就職サポートの質は異なるため、明るい未来を望むのなら、きちんと比較することが大切になります。

 

夜間部と昼間部には費用やカリキュラムに違いがあるケースも多いため、グラフィックデザイン学校を選ぶのなら、自身の目的を達成できるか考えなければいけません。入校するところで将来の道が決まってくるので、立派なグラフィックデザイナーになりたいのならば焦らずきちんと考えましょう。なお、違いを正確に知りたいのなら、定期的に開催がされているオープンキャンパスや説明会に参加してスタッフに説明してもらうことをおすすめします。


おすすめ関連記事