口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

未経験でもグラフィックデザイン学校に通える?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/08
    

グラフィックデザイン学校は、デザインに関する知識が全くない人でも指導経験が豊富な講師の授業を通じて、将来的に役立つ力を身に付けることができます。

特に、実務で使用する場面が多いパソコン用のデザインのソフトの使い方について一から指導をしてくれるところは10代から20代の間で人気が集まっています。

基本的なところから指導をしてくれる学校が増えている

未経験者が通えるグラフィックデザイン学校を選ぶにあたり、色彩や色調などの基本的な知識や技術について丁寧に指導をしてくれるところを見つけることが重要です。業界大手の学校の中には、初めて本格的なデザインを学ぶ人を対象に少人数制の授業をおこなっているところが多くあります。

そうした中、学校選びを始めるにあたり、それぞれの学校の授業の進め方や具体的な授業の内容を調べておくことが大切です。最近では、学校によってオープンキャンパスなどのイベントの際に専属の教員や在学生がグラフィックデザインの学び方について、一人ひとりに分かりやすく説明をおこなうことがあります。

そこで、入学後にスムーズに自分の目標に向けてグラフィックデザインの学習を進めるために、じっくりと在学生の数が多い学校のメリットを把握しておきましょう。

資格取得のための対策をしてくれる学校も多くある

未経験者が通いやすいグラフィックデザイン学校では、デザインに関する資格取得のための対策をしてくれるところが多くあり、スムーズに合格に必要なポイントを押さえることができます。

例えば、難易度の高いグラフィックデザインの資格を持つ人は、就職活動中に民間企業の採用担当者に好印象を持ってもらえたり、就職後に基本給や手当などの面で優遇してもらえたりすることがあります。そのため、卒業後のことを考えて、未経験者に対する資格取得のサポートに目を向けて学校探しをしてみましょう。

また、コースの種類によって取得ができる資格の種類に違いがあるため、早めに志望校の入学願書を請求して、取得したい資格の特徴についてきちんと理解をすることが大切です。なお、時間があれば資格試験を実施している団体の公式サイトなどに目を通しておくのも良いでしょう。

就職活動の支援をしてくれる学校がおすすめ

未経験でグラフィックデザインを学び始めて卒業後に設計事務所やメーカー、IT企業などに就職をしたい場合には、在学中にさまざまな方面から就職活動の支援をしてくれる学校を選ぶことが大事です。例えば、さまざまなジャンルの企業とのコネクションがあるグラフィックデザイン学校は、入学試験の難易度が高いところが珍しくないものの、卒業までにインターンシップや実習などのチャンスが多いといった魅力があります。

また、多くのデザイナーを輩出しているグラフィックデザイン学校で学ぶことで、優秀な教員にアドバイスを受けながら、卒業後の進路について明確に決めることが可能です。もしも、学校選びのコツについて分からないことがあるときには、実際にグラフィックデザイン学校に通って就職活動を成功させた人の話を聞くことがおすすめです。

 

未経験者も学びやすい環境が整っているグラフィックデザイン学校は各地で続々と増えており、デザイナーとして専門的な知識や技術を習得したい人にとって、理想的な進学先としてみなされています。こうした学校を選ぶ際には、各コースの授業内容やカリキュラム、講師の経歴などに目を向けて、長く学習を続けられそうかどうか判断をすることが重要です。

また、学校ごとに在学中に取得ができる資格や主な授業のテーマなどに違いがあるため注意を払うことが大切です。その他、就職活動の際にしっかりと自分のスキルを採用担当者にアピールするにあたり、時間を掛けて各学校の特徴を調べて、進路に合ったコースを選択しましょう。

おすすめ関連記事