口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイン学校は最短どのくらいで卒業できる?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/04/27
    

グラフィックデザイナーを目指す方は、知識と経験が特に重要になるため、しばらく学校に通って専門的な知識を身につけることも大切です。グラフィックデザイン学校の中には、最短で4ヶ月ほどで卒業を目指せるコースもあり、集中して学んでから会社で働く選択肢もあります。

4ヶ月程の短期間で卒業を目指せるコースもある

グラフィックデザイナーになるために、主に3つの方法があり、高校を卒業してから就職して実務経験を積む方法以外にも、専門学校や大学で学んでから就職する方法があります。高校を卒業してから会社で働く場合、知識が不足している分、仕事を覚えながら、知識を深めていくために勉強をするなど忙しい日々となります。

高校卒業後にグラフィックデザイナーとして、いきなり即戦力として働くのは難しいため、学校に通って仕事で役立つことを学び、ある程度準備ができていると安心して働けます。大学に通う場合、期間がかかることや授業料の課題もあり、最短で卒業を目指せる専門学校に注目する方もたくさんいます。グラフィックデザイン学校に通うときに、いろんなコースを用意してくれているため1人1人に合ったペースで学べます。

最短で卒業を目指したい方は、短期間で集中して学ぶことができるコースに注目することで、就職までにしっかりと準備ができます。グラフィックデザイン学校の中には、4ヶ月程度で終了するコースもあり、短期コースで集中して学ぶことで、基礎の土台をしっかりと作ってから働けるようになります。社会人の方も専門学校で集中して学んでからグラフィックデザイナーを目指す方法もあり、夜間コースが用意されているところを見つけることで働きながら無理なく学べます。

その他にも、週に5日以外にも週に3日ほどの空いている時間にちょうど良い学び方ができるコースを見つけることもでき、主婦の方も挑戦しやすいです。

就職してから学んだことを活かす

グラフィックデザイナーへの道は知識も技術も必要なので、いきなり会社で即戦力として働けるようになるのは難しいです。グラフィックデザイン学校の短期コースで学ぶメリットはたくさんありますが、短期コースだとまだまだ即戦力となるレベルまで行くのは難しい現状があります。

そのため複数の専門学校の情報を集めて、短期コースでも即戦力となれるように、さまざまな工夫がされているところを見つけられるように比較することをおすすめします。仕事で使うソフトの使い方を教えてもらえるなど、仕事を始めるときに困らないようにいろんなサポートをしてくれるところを探せます。

学校見学をしてみて、短期間でも無理なく学べる場合は短期コースを選択し、少し難しいと感じた方は1年コースや2年コースを選択して、いろんな経験を積めるようにすることも大事です。

就職に強い学校を見つけることも大切

グラフィックデザイン学校の中には企業からの評判も高く、たくさんの求人が集まる学校を見つけることもできるため、就職に強い学校選びが必要です。企業とのパイプがあることで、いろんな会社と情報のやり取りをしながら、卒業生の就職を支援してくれるため、安心感を持って学べます。学生がどんなことを学んでいるかを企業側がある程度把握していると、就職したときに無理なくできる仕事から始められるようにサポートしやすくなります。

 

専門的な知識が必要になる職業は、専門学校に通って、基礎の土台をしっかりと作っていたほうが、大変な仕事でも挫折することなく仕事を続けていけます。グラフィックデザイン学校の中には、最短で4ヶ月ほどで卒業を目指せる短期コースもありますし、社会人の方も学びやすい夜間コースを用意してくれるところもあります。専門学校は1年コースや2年コースだけではなく、短期コースが用意されているところもあるため、グラフィックデザイナーを目指す方も注目です。


おすすめ関連記事