口コミで評判の人気グラフィックデザイン専門学校!

グラフィックデザイン学校に通いながら身に着けておきたいスキル

公開日:2021/02/01  最終更新日:2020/12/22
    


グラフィックデザイナーとして活躍したい人もいるでしょう。もしデザイナーとして活動することを本気で考えるなら、専門学校に通うことも大事ですが、それだけでなく習得できるスキルを身に付けるようにすることも大事です。具体的にどのようなスキルが必要なのか解説するので、目指している人は参考にしてください。

デザイン力と技術力、説明力

グラフィックデザイナーとして活動していくなら、必要なのはデザイン力と技術、説明力です。デザイン力と技術力はレイアウトのスキルやアプリの使い方、べジュ曲線のコントロールスキル、組み版、フォントの選定などを身に付けておくことが大事です。

これらは専門学校でも学びますが、企業に就職してアシスタントとして仕事をするときにも求められる技術力です。たとえば、レイアウトの場合は伝えたい情報をいかにわかりやすく伝えるのかが大事なので、角度調整や情報の分類など、細かいスキルも身に付ける必要があります。

また、説明力はデザインしたものをわかりやすく伝えることが大事です。専門用語はもちろん、曲線の仕組みや余白の部分のポイントなど、デザインしたことを正確に伝えられるように能力を伸ばしましょう。

実力をわかりやすくする資格を取得しておく

グラフィックデザイナーとして資格を身につけておくことも大事です。グラフィックデザイナーとして身に付けておける資格は以下の通りです。

・アドビ認定エキスパート

・Photoshopクリエイター能力認定試験

・Illustratorクリエイター能力認定試験

・DTPエキスパート認証試験

・DTP検定

・色彩検定

とくにDTPエキスパート認証試験やPhotoshopクリエイター能力認定試験、Illustratorクリエイター能力認定試験は受けておくことをおすすめします。

DTPエキスパート認証試験は色彩や情報システム印刷技術あることを証明できるので、企業への就職やフリーランスとして活動するときに有利となります。

Photoshop能力認定試験やIllustratorクリエイター能力認定試験はグラフィックデザイナーとして仕事するときに必要なPhotoshopやIllustratorを扱うことができる証明となるので、スキルの証明をする際に役に立つでしょう。

デザイナー学校に通っていると習得できる資格なので、取得するためには努力が必要不可欠です。学校に休まず通うことはもちろんのこと、できる限り勉強する時間を確保しましょう。

毎日の授業や課題、コミュニティつくりも大切

グラフィックデザイナーはデザイン力のみを重視しがちですが、それ以外にコミュニティに属することや総合的な能力のスキルも向上できるように頑張りましょう。グラフィックデザイナーとしてプロになれば、自分のデザインを説明したり、顧客対応をする場面があったりすることもあります。

そのため、仕事の作業部分だけでなくて案件を獲得するコミュニケーション能力やマネジメント能力も必要になってくるので、その能力を伸ばせるように在学中に鍛えるようにしましょう。これらの能力は、デザイナーだけでなく社会に出ていくうえで、身につけておくと役立つはずです。

また、学校に通っているなら同じ学んでいる仲間と仲よくしておき、コミュニティを作っておくことも大事です。人間関係を作っておくと自分が独立などをしたときや就職したときにアドバイスやサポートをしてもらうことも期待できます。授業の内容だけでなく、人間としての総合力も上げていくことができるようにすると、将来に備えることもできるでしょう。

 

グラフィックデザイン学校に通っているなら、まずはグラフィックデザイナーとしてのスキルを伸ばすことを重視しましょう。しかし、スキルだけでなくコミュニケーション能力や仲間を作るなど、学校に通っていることで得られるメリットもあります。在学中に得られるスキルや知識はしっかり習得できるように頑張りましょう。


おすすめ関連記事